メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
語学学習サイト
当サイトのコンテンツはこちらに移動しました。
ブックマークをされている方はお手数ですがご変更ください。 http://french.netgakushu.com/

ヘッドライン


新着リスト
ドイツ語助動詞(英語助動詞関連)です。 教えて外国語(フランス語を含む)
ドイツ語でも次のような、やり取りは有り得ますか。: 1.- Kann ich ausgehen? - Nicht "kann", sondern "darf". (oder: - "Darf ich?") 2. - Kann ich mir einen Tennisschlaeger kaufen? - Du kannst nicht, aber du darfst. 英語では次のような、やり取りがあるそうですが。: 1.- Can I go out? - Not "can," "may". (or: - "May I?") 2. - Can I buy a tennis racket? - You cannot, but you may.
ドイツ語の文に関する質問 教えて外国語(フランス語を含む)
Ihre Aufgabe ist es entsprechendという文があります。 このとき、entsprechendはどういう働きをしていると考えればよいのでしょうか。 自分の文法知識の範囲内では形容詞だとは判断しがたかったのですが、かといって、副詞だとも判断できませんでした。副詞だと考えると、考えられる修飾先はseinしかないと思うのですが、そうだとしてもentsprechendの意味的に訳上の修飾のされ方がよくわからず、自信がありません。 よろしくお願いします。
【独語】他動詞が受動文になるときの訳などについて 教えて外国語(フランス語を含む)
X hat Recht, das nicht in Mitleidenschaft gezogen werden kann. 定関係代名詞以下の副文について 「das nicht in Mitleidenschaft ziehen」 Rechtを巻き添えにする 「das nicht in Mitleidenschaft gezogen wird」Rechtが巻き添えにされる 「das nicht in Mitleidenschaft gezogen werden kann」Rechtが巻き添えにされうる という理解で合っていますか? 特に、他動詞が受動文になるときの訳に自信がありません。他動詞が受動文になる場合は、他動詞の目的語が1格となるのでしょうか? よろしくお願いします。
(独語)A, aber auch B ABの違い 教えて外国語(フランス語を含む)
「○ ist A, aber auch B」という形について 元の文章では、○はAでありかつBでもあるのは間違いないと思われます。 ですが、「○ ist A und ○ ist B」のように、単純に並列で受け取ってもよいものでしょうか。それとも、AB間で強調度など、違ったりするのでしょうか。 ちなみにhttps://okwave.jp/qa/q995473.htmlは拝見しましたが、そういったことには触れられていなかったように思うので、改めて質問させていただきました。 よろしくお願いします。
【至急!】ドイツ語の文法について 教えて外国語(フランス語を含む)
ドイツ語の問題です。 大文字、小文字、語間と句読点に注意して、正確をドイツ文に書き直しなさい。
言語を学ぶ=英語と英語からの外来語が多い以外 教えて外国語(フランス語を含む)
日本では、日本語話者がほとんどで、海外を知るのに英語も話さないといけない感じですね。 海外だと、英語圏から距離が遠い言語を話す圏内では商用で必要といわれるものの、ヨーロッパなど英語に近い言語圏では、英語支配がいいのかが論点になったりしますね。 言語は意思疎通や情報を得るために有用だったりもしますね。 はたして、英語=外国語で世界を知らないといけないのと、英語支配に対して各言語尊重とフランス語など多極的多言語主義のイメージなどは論点がちがうかと思いますが。 そのように考えると、言語を学ぶことは英語を学ぶことで一時期に英語からの外来語のカタカナ表記が多すぎるという話はありましたが、言語を学ぶはそれ以外に何かあるものでしょうか?
東京などから飛行機4時間くらいでの距離の公用語 教えて外国語(フランス語を含む)
東京、大阪などから飛行機で4時間くらいまででいけるくらいの公用語または表記や地下鉄などの公共交通機関で放送されている言語ってどんなのがあるでしょうか? 思いついた言語ですが、 朝鮮語、中国語普通話、台湾語、客家語、広東語、ポルトガル語、英語など。
(ドイツ語)文法に関する質問 教えて外国語(フランス語を含む)
Dudenのオンライン辞書(?)における「Sinnlichkeit」について。 この語の意味ひとつめには、次のような説明があてられています。 das den Sinnen zugewandte Sein この説明において (1)das=Sinnlichkeitでしょうか。 (2)das=zuwendenの目的語でしょうか。  (2)seinの語頭はなぜ大文字になるのでしょうか。このseinは、動詞ではないのでしょうか。 よろしくお願いします。
(ドイツ語)文法解釈が正しいかどうか、など 教えて外国語(フランス語を含む)
Dudenのオンライン辞書(?)における「Vernunft」について。 この語の説明は、次のようになっています。 eistiges Vermögen des Menschen, ......, sich ein Urteil zu bilden und sich in seinem Handeln danach zu richten この説明において (1)sein=Mann(2)da=Vernunft でしょうか。 また、 (3)コンマ区切りとund区切りのzu不定詞句では、なにか違いがあるのでしょうか。 引用の省略箇所(......)に3つのzu不定詞句があります。これらは、コンマで区切られています。しかし、最後二つのzu不定詞句だけundで結びついています。 よろしくお願いします。
(独)名詞+zu 不定詞の名詞は必ず4格? 教えて外国語(フランス語を含む)
ドイツ語の質問です。 「名詞+zu不定詞」という形の文における名詞は、必ず4格でしょうか。 いままでの経験からするとそうだったのですが Dudenのオンライン辞書(?)のVerstand:「Fähigkeit zu verstehen」は、4格で取ると、手持ちの和独辞典の意味に該当しそうなものが見つかりませんでした。 (この場合は、むしろ「理解する能力」としたほうが適切な感じがしたのですが 何か誤解しているのでしょうか…?) よろしくお願いいたします。
フランス人の友達探し
国内外の外国人と友達に!
e-japanese.worldfriends.tv



750,000人以上の写真付きプロフィールから検索。
外国語の練習相手、メル友、同業者、恋人などが見つかる。
今日から友達!無料登録。
Powered by フランス語検定オンライン© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme designed by OCEAN-NET